Huffington PostのSol Palhaの記事を信じる人がたくさんいるので相場が面白くなります。皆がRealInvestmentAdvice.comのLance Robertsの言うことを信じると、あまりに冷静で相場が面白くありません。市場の肥やしになってくれる人がいるからこそ大きな利益を生み出せるわけで、そういうひとに感謝しなければね。

この記事も印刷保存しておくと8年後に役に立つでしょう。

What The Buffett Indicator Is Really Predicting

Tyler Durden's picture

Every so often an article is produced that is so misleading that it must be addressed. The latest is from Sol Palha via the Huffington Post entitled: “Buffett Indicator Is Predicting A Stock Market Crash: Pure Nonsense.”  Sol jumps right in with both feet stating:


皆の誤解を引き起こすような記事があまりに多く、これは注意喚起しないと。最新のものはHuffington Postの Sol Palhaによるもので、そのタイトルは:「バフェット指数は株式市場暴落を予想する:これはまったくナンセンスだ」。Sol は真正面からこう言う:

“Insanity equates to doing the same thing over and over again and hoping for a new outcome. These predictions have been off the mark for almost 10 years. One would think that would be enough for the experts to re-examine the situation, but instead, they use the same lines they used 10 years ago. One day they will get it right, as even a broken clock is correct twice a day.”


「キチガイが繰り返し何度も同じことを主張し新たな結末を求める。彼らの予想はもう10年も外れまくっている。専門家にとってはこれをまた検証するなんてもう十分だが、彼らは同様のことを10年前から言っている。彼らの言うことも何時かは当たるかもしれない、壊れた時計でも一日に二度は正確な時刻を示す。」


Sol should be careful of throwing stones at glass houses. While we are indeed currently in a very bullish trend of the market, there are two halves of every market cycle.


Solはガラスの家に石をなげるときには注意したほうが良い。我々はいまとても強気な相場の真っ最中にいるが、市場のサイクルには前半と後半がある。


“In the end, it does not matter IF you are ‘bullish’ or ‘bearish.’ The reality is that both ‘bulls’ and ‘bears’ are owned by the ‘broken clock’ syndrome during the full-market cycle. However, what is grossly important in achieving long-term investment success is not necessarily being ‘right’ during the first half of the cycle, but by not being ‘wrong’ during the second half.”


「結局、問題は皆さんが「強気」か「弱気」かということではない。現実には全市場サイクルのなかでは、「強気」も「弱気」も「壊れた時計症候群」でしかない。しかしながら、長期投資で成功する秘訣はサイクル前半で「正しい」行動をとるだけでなく、サイクル後半で「間違った」行動を取らないことが大切だ。」

Will valuations currently pushing the 3rd highest level in history, it is only a function of time before the second-half of the full-market cycle ensues.


現在のバリュエーションは史上三番目の高さになろうとしており、市場サイクル後半が出現するのは時間の問題だ。


That is not a prediction of a crash.


これは暴落予想というものではない。


It is just a fact.


単なる現実だ。



The Buffett Indicator


バフェット指数


It is also the issue of valuation that leads Sol astray in his article which focuses on one of Warren Buffett’s favorite measures of valuation: Market Capitalization to Gross Domestic Product.


Solが彼の記事で道に迷ってしまっているのがバリュエーションで、彼はWarren Buffettの好むバリュエーションを取り上げている:GDPに対する時価総額の割合だ。


Sol err’s in the following statement:


Sol はまず下の記述で間違っている:

Some Experts point out that Warren Buffet is betting on a Stock Market Crash. This claim is based on the fact that Buffett is sitting on $86 billion in cash. They use this information to create the illusion that this Buffett Indicator is predicting a stock market crash.”


「専門家の中にはWarren Buffetは株式市場暴落に賭けているという人がいる。この主張は現在Buffettが現金ポジションを$86Bももっていることを根拠とする。こういう専門家はこの情報からバフェット氏ううが株式暴落を予想するという幻想を生み出している。」

First, valuations DO NOT predict market crashes.


まず最初に、バリュエーションは決して市場暴落を予想するものではない。


Valuations are predictive of future returns on investments from current levels.

Period.


バリュエーションは現在の市場レベルでの投資から将来のリターンを予想するものにすぎない。

以上。


I recently quoted Cliff Asness on this issue in particular:


私は最近 Cliff Asness の記事に言及した:

“Ten-year forward average returns fall nearly monotonically as starting Shiller P/E’s increase. Also, as starting Shiller P/E’s go up, worst cases get worse and best cases get weaker.


「10年先の平均収益は Shiller PER増加に伴い単調に下落する。当然、Shiller PERが上昇するにつれ、悪環境は更に悪化し、良い環境も弱まる。

 

If today’s Shiller P/E is 22.2, and your long-term plan calls for a 10% nominal (or with today’s inflation about 7-8% real) return on the stock market, you are basically rooting for the absolute best case in history to play out again, and rooting for something drastically above the average case from these valuations.”


今日のShiller PERが22.2でありわけで、皆さんの株式市場期待リターンが名目10%(インフレ率を考慮すると現実には7−8%だが)ならば、歴史的に見て最善ケースを狙っており、現在のバリュエーションからはなにか劇的なことがおきなければならない。」


We can prove that by looking at forward 10-year total returns versus various levels of PE ratios historically.


歴史的に見て今後10年のリターンと投資時点のPERは次のような関係にある。


Asness continues:


Asnessはさらにこう続ける:

“It [Shiller’s CAPE] has very limited use for market timing (certainly on its own) and there is still great variability around its predictions over even decades. But, if you don’t lower your expectations when Shiller P/E’s are high without a good reason — and in my view, the critics have not provided a good reason this time around — I think you are making a mistake.”


「Shiller CAPE指数は市場のタイミングを見計らうのにはほとんど役に立たない(たしかにそれ自身では)それでも10年を超えるタイムスパンでは有効だ。しかし、特別な理由なしにShiller PERが高いときに自らの期待リターンを下げることをしないと言うならーー私の考えでは、この状態での評論アドバイスは役に立たないだろうーーあなたはなにか間違いを犯していると私は思う。」

And since we are discussing Mr. Buffett, let me remind Sol of one of Warren’s more insightful quotes:


いまはMr. Buffettについて議論しているので、SolにはWarrenのとても洞察力に富んだ言葉を思い起こしてほしい:

“Price is what you pay, value is what you get.”


「あなたは現在の株価で支払い、それに対応した価値を手に入れる。」

Importantly, however, let’s take a look specifically at the “Buffett Indicator.”


しかし大切なことは、「バフェット指数」を良く見ることだ。


Not surprisingly, like every other measure of valuation, forward return expectations are substantially lower over the next 10-years as opposed to the past 10-years.


おどくことではないが、他のバリュエーション指標と同じく、今後10年の期待リターンは過去10年リターンよりも低い。

The $86 Billion Question


キャッシュポジション$86Bをどう見るか


Of course, while Sol didn’t make the connection between Buffett’s $86-billion in cash and forward-return estimates, he did get Buffett’s reasoning correct.


当然のことながら、Solは現在のBuffetの$86Bキャッシュポジションと今後のリターンの関係を議論していない、彼はBuffettの推理を正しいとしているだけだ。

“Just because Warren Buffett is sitting on billions of cash does not mean he is waiting for the market to crash. He is probably waiting for a good deal; that’s all.


「Warren Buffettが巨額のキャッシュポジションを持っているのは暴落を待っているわけではない。彼は多分良いディールをまっているだけだ;それだけにすぎない。

Some might point out that it’s the biggest hoard of cash the company has ever built up and that this indicates Buffett is nervous. Being nervous does not equate to betting on a stock market crash. Buffett is a value player and he is looking for a deal, so correction not crash might be all he is waiting for.


アナリストの中には、彼がかつて無く巨額のキャッシュを抱えていることを指摘し、このことでBuffettがナーバスになっていると言う人がいる。ナーバスになっているということは株式暴落に賭けているということではない。Buffettはバリュー投資を得意としており、良い取引を探している、というわけで彼が待っているのは調整であり暴落ではないかもしれない。

Unfortunately, “good deals” based on valuation levels and market crashes have typically been highly correlated.


残念なことに、バリュエーションに基づく「良いディール」と市場暴落はとても良い相関を持っている。


But more importantly, Sol also misses an important point made by Buffett in terms of value investing:


しかしもっと大切なことは、Sol はBuffettがいうところのバリュー投資の大切な点を理解していない:

“Buffett Does not believe stocks are overpriced; hence he is not expecting a stock market crash.”


「バフェットは株式市場が高値すぎるとは思っていない;というわけで彼は株式暴落を期待しているわけではない。」


However, he goes on to quote Buffett suggesting the possibility.


という一方で、彼はバフェットが示唆する可能性を引用している。

“While Buffett agrees the market can go through period of turbulence, he stated that ‘no one can tell you when these traumas occur.'”


「バフェットは市場は大きな変動機を迎えているかもしれないことに合意するが、彼はこう主張する[だれもこのショックがいつ起きるかを予想できない。]」

And then states these “traumas” could range from mild to “extreme.”


そしてこの「ショック」は穏やかなものから「極端」なものまであるという。


Sounds like a crash to me.


私には暴落としか思えない。


But then he makes the most interesting point.


しかしその後彼はとても面白いことを指摘する。

In a recent article, Buffett stated that stocks were on the cheap side; one does not make a comment like this if one believes the stock market is going to crash.”


「最近の記事で、バフェットが言うには株式は割安だ;株式市場が暴落に向かっていると信じている人にはこういうことが言えるはずが無い。」


That point doesn’t quite square with Buffett holding his largest cash pile in the history of the firm.


この指摘は彼のキャッシュポジションが過去最高であることとは相容れない。


Buffett is a businessman that runs an investment company. Yelling “fire in a crowded theater” would likely not be well accepted well by his investors and legions of avid followers.


バフェットは投資会社を運営するビジネスマンだ。「満員の劇場で、火事だと叫ぶ」のは彼の投資会社への出資者や彼の熱烈な追従者に受け入れられるものではない。


In the business, this is called “talking your book.”


ビジネスの世界では、これは単なる「ポジショントーク」でしかない。


However, what a portfolio manager says (“stocks are cheap”) and what they do ($86 billion in cash) are two very different things.


しかしながら、ポートフォリオマネージャが(「株式は割安だ」)と言うのと、その彼が同時に($86Bのキャッシュポジション)を持つというと、これはまったく相反することだ。


As the old saying goes: “Follow the money.”


古い格言で言えば:「金の流れを追え、さすれば真実につきあたる。」ということだ

Fundamentals Don’t Matter


ファンダメンタルズは気にするな


I will agree with Sol on his point that fundamentals don’t matter at the moment.


私はこの点ではSolに同意する、現時点でファンダメンタルズは問題ではない。


In a market that where momentum is driving an ever smaller group of participants, fundamentals are displaced by emotional biases. Such is the nature of market cycles and one of the primary ingredients necessary to create the proper environment for an eventual crash.


とても少ない参加者で市場のモメンタムが生み出されている時、ファンダメンタルズよりも感情で市場は動く。市場のサイクルというのはそういうものであり、やがて暴落を引き起こす第一要因だ。


Notice, I said eventually.


注意してほしい、私は「やがて」としか言っていない。タイミングを計っているわけではない。


I do agree with Sol that markets are indeed currently bullish and therefore, as an investment manager, portfolios should remain tilted towards equities currently.


Solが言うように今市場はブル相場であり、これは私も同意する、投資マネジャーとしてはポートフォリオはまだ株式に傾いているべきだ。


But such will not always be the case.


しかし、そういう状況はいつでもそうというわけではない。


As David Einhorn once stated:


David Einhornはかつてこういったことがある:

The bulls explain that traditional valuation metrics no longer apply to certain stocks. The longs are confident that everyone else who holds these stocks understands the dynamic and won’t sell either. With holders reluctant to sell, the stocks can only go up – seemingly to infinity and beyond. We have seen this before.


「ブル派は伝統的なバリュエーションはある種の銘柄には有効でないと言う。ロング派はこう言う銘柄を持っている人はすべて市場のダイナミクスを理解し決して売却しないと思っている。株主が売却しなければ株式は永遠に上昇するしかない。かつてもこういう状況を見てきた。

 

There was no catalyst that we know of that burst the dot-com bubble in March 2000, and we don’t have a particular catalyst in mind here. That said, the top will be the top, and it’s hard to predict when it will happen.”


2000年3月にドットコムバブルが燃え尽きるときに明確なキッカケは無かった、そして今回も特別なキッカケはない。言うなら、天井は天井のままで、それが何時起きるかを予測するのは難しい。」

Is this time different?


今回は違うだろうか?


Probably not.


たぶんそうではない。


James Montier summed it up perfectly in “Six Impossible Things Before Breakfast,”


James Monitierはこの状況を完璧にまとめている、「朝食前に無理なこと6件」、

Current arguments as to why this time is different are cloaked in the economics of secular stagnation and standard finance workhorses like the equity risk premium model. Whilst these may lend a veneer of respectability to those dangerous words, taking arguments at face value without considering the evidence seems to me, at least, to be a common link with previous bubbles.


「現状を見て、どうして今回は違うというかと言うと、長期停滞と株式市場のリスクプレミアムのような標準的な金融原則が覆い隠されている。これらの危険な言葉が表面上は添えられて入るものの、その証拠を深く考えること無く上辺だけ振れているように見える、少なくとも私には、以前のバブルと同様だ。」

While investors insist the markets are currently NOT in a bubble, it would be wise to remember the same belief was held in 1999 and 2007. Throughout history, financial bubbles have only been recognized in hindsight when their existence becomes “apparently obvious” to everyone. Of course, by that point, it was far too late to be of any use to investors and the subsequent destruction of invested capital.


投資家は現状をバブルではないと主張するが、同様のことが1999年も2007年にも言われていたことを思い起こすのが賢明だ。歴史を振り返ると、金融バブルが「誰の目にも明らかに成る」のは事後でしかない。当然のことながら、気付いたときには、投資家はどうしようもない、投資資金が台無しになってからなのだ。


This time will not be different. Only the catalyst, magnitude, and duration will be.

Investors would do well to remember the words of the then-chairman of the Securities and Exchange Commission Arthur Levitt in a 1998 speech entitled “The Numbers Game:”

“While the temptations are great, and the pressures strong, illusions in numbers are only that—ephemeral, and ultimately self-destructive.”