期末から決算開示までは自社株買いが禁じられます。正確には期末2週前から決算開示二日後までです。四半期決算は会計監査がありませんが年度決算は会計監査で開示まで時間がかかります。
この記事の最後に書かれているガンマ・デルタを私はよく理解していません。
またこの週末は各種オプション精算日がかさなります。詳しくは左下参考図書「市場のサイクルは永遠に」を読んでください。

In a world where only one 'actor' is still buying stocks, Nomura's Charlie McElligott just uttered the three most terrifying words in the world to stock market bull:


ただ一人の「役者」だけが株式を買っているブル相場の世界で、野村のCharlie McElligottが3語のとても恐ろしいことを口にした:

"buyback blackout begins..."


「自社株買いのブラックアウトが始まる・・・・」


Having exposed the multitude reasons for concern below the surface of the stock market, the cross-asset strategy MD warns we have already begun to enter the buyback blackout period, with 75% of the S&P 500 "out of the market" by December 26th (with 75% to emerge on Feb 6th).


株式市場の水面下ではいくつかの懸念事項が起きている、the cross-asset strategy Managing Directorが警告する、我々はすでに自社株買いブラックアウト期に入り始めている、S&P500構成銘柄の75%は12月26日から「市場から退出する」(この75%は2月6日からまた参入する)。

  • If you were wondering why Banks can’t catch a bid - they’ve been in the blackout since Dec 5th, followed by Transports Dec 13th and Household Goods Dec 14th

    みなさんがどうして銀行株は薄商いなのかと疑問に思うならーーこれらのセクターは12月5日からブラックアウトに入っている、その後運輸は12月13日から、そして家庭用品は12月14日

  • Next week Telcos Dec 19th, Cap Goods, Software, Media Dec 20th and Pharma Dec 21st

    来週には Telcos 12月19日、Cap Goods,Doftware,Media 12月20日、そしてPharma 12月21日

  • Following week is Semis, Autos, Healthcare, Insurance, Materials, Consumer Services Dec 26th / 27th

    その次の週には、Semis,Autos、Healthcare、Insurance、Materials,Consumere Services 12月26日/27日

  • First week of Jan sees Durables, Energy, Tech before REITS, Utes, Diversified Fins and Retailing at mid / end Jan

    1月の最初の週には Durables、Energy,Tech 、そしてREITS、Utes,各種 FinsそしてRetailingは1月半ばから終わり

And tightening financial conditions cramping credit markets is not helping...


そして金融環境引き締めが与信市場を束縛し、助けにならない・・・・・

All of which is a major problem as it leaves the rest of the markets' participants with no 'greater fools' to offload their risk to.


この状況が大問題であり、他の市場参加者は自らのリスクを譲り渡す「より大馬鹿者」を見つけられないのだ。


McElligott points out that while the trend-following CTAs have gone "max short" across global equities, they are far from any 'covering levels' to feed a short-squeeze...


McElligottは指摘するが、トレンド追従型CTAはすでに世界株式市場で「最大限の空売り」をしている、彼らはショートスクイーズの「カバリングレベル」には程遠い・・・



Source: Nomura QIS


It's also worth noting that Nasdaq is the only developed market which remains "long" - a test and break below that 6207 level would generate approx. -$20B notional for sale...


特記すべきは、先進国市場で唯一「ロング」のままなのはNasdaqだけだーー現在6207レベルを試している、これが約-$20Bの売りを生み出すだろう・・・



And the options market has a big problem as the 'greeks' have gone wild recently, with aggregate S&P delta and gamma at near-record negative levels (leaving a market very vulnerable to flash-crashes or smashes)...


そしてオプション市場に大問題がある、「Greeks 変動に敏感なプレーヤ」が最近活況だ、S&Pのデルタやガンマが記録的なマイナス値になっている(ということは市場はフラッシュ・クラッシュにとても敏感になっているということだ)・・・・


SPX / SPY consolidated greeks keep getting more negative with spot, EVEN WITH calls over puts

Net overall Delta is -$506.8B (a 0.4%ile level back to 2013) and front-month -$325.3B / front-week -$228.6B with modest notional bias to upside


SPX/SPYのgreeksたちはよりネガティブなままだ、calls over putsでみてもネットでのデルタは-$506.8B(0.4%程度と2013年のようだ)そして front-month -$325.3B / fron-week -$228.6Bと緩やかだが上昇気味だ。


Net Gamma -$18B per 1% move + or – (a 1.6%ile level back to 2013), net gamma -$46.5B on a 2% move—with the size strikes that matter the most being 2600 ($5.9B gamma), 2650 ($4.1B), 2500 ($3.8B) and 2550 ($3.7B) and also a bias to the upside


ネットガンマ -$18B プラスマイナス1%変動あたり(1.6%レベルで2013程度)、ネットガンマは2%変動でー$46.5Bーーその規模は2600($5.9Bガンマ)、2650($4.1B),2500($3.8B)そして2550($3.7B)そしてどれも上昇傾向だ。


All of which means we are likely to see incredibly-erratic price-action into Friday’s Quad Witch expiration and horrible year-end liquidity with dealers offering little balance sheet.


これらのことをすべて勘案すると金曜日のQuad Witch expiration 先物精算重複日にむけてとても大きな値動きを見ることになりそうだ、またディーラーがバランスシート変化を望まず年末に大きな流動性を迎えることになりそうだ。