And that GGR target is still incredibly low in longer secular context.  In the 2 years before 2008’s first stock panic in a century, the GGR averaged 0.591x.  Though gold stocks plummeted in the extreme fear that panic spawned, the GGR rebounded to average 0.422x in the 2 years after that epic anomaly.  Over a longer 4-year post-panic span, it averaged 0.381x.  So seeing it regain 0.217x is nothing, it should go far higher.


そしてこのGGR目標値は長期的視点からすると極端に低い。2008年の100年に一度といわれる株式混乱前の2年間を見ると、GGR平均は0.591xだった。あの混乱のなかで金鉱株は極端な恐怖に見舞われが、GGRはアノマリ後2年で0.422xまで回復した。混乱後の4年で、平均は0.381xだった。というわけで0.217xを取り戻すというのは大したものではない、もっと高くなっておかしくない。

 

The bigger gold’s own upleg, the more the gold stocks will outperform by the usual 2x to 3x and force the GGR higher.  At $1525 gold after a relatively-small 30% upleg, that 2009-to-2012 post-panic-average GGR of 0.381x would yield a GDX upside target around $55 per share.  That’s 169% higher from this week’s levels, even without an overshoot!  Gold-stock profits growth from higher gold prices justifies huge gains.


ゴールド自身の上昇が大きほどに金鉱株は通常2xから3xのパフォーマンスを示すだろうそしてGGRを高める。比較的穏やかな30%の上昇でゴールド価格が$1525になると、株式混乱後の2009−2012の平均でGGRは0.381xだったわけで、こうなるとGDXの上値目標は$55となる。これは今週のレベルから169%大きなものだ、ここでオーバーシュートは考えていない!ゴールド価格上昇に伴う金鉱株利益はとても大きなものだ。

 

And rather conveniently on the verge of that GDX triple breakout, a major gold-buying catalyst is likely next week.  On Wednesday December 19th, the Fed’s FOMC meets to decide on whether or not to hike rates for the 9th time in this cycle.  That rate hike has been universally expected for months now, it is fully baked in.  But the thing gold-futures and dollar-futures traders are really watching is the rate-hike forecast.


そして都合の良いことにGDXは三重ブレークアウトだ、来週には大きなゴールド買いのキッカケが起きそうだ。12月19日水曜に、FOMCが今サイクルで9回目となる金利引き上げをするかどうかを決める。今回の金利引き上げはもう何ヶ月も誰もが予想してきたものだ、これはもう織込み済みだ。しかしゴールド先物、ドル先物トレーだが注視しているのはその後の金利引き上げ予想だ。

 

While the FOMC meets 8 times per year, at every other meeting it releases something called the dot plot.  That summarizes where top Fed officials making the decisions think the federal-funds rate should be in coming years.  The last dot plot was published on September 26th when the S&P 500 remained just 0.8% under its all-time record high from a week earlier.  Fed officials are boldly hawkish when stocks are high.


FOMCは年に8回会合を開くが、ドットプロットを発表するのは二回に一回だ。ここでFED高官が今後数年に渡る金利のあるべき様相を開示する。最後にドットプロットが開示されたのは9月26日のことで、そのときS&P500は一週前の過去最高からわずか0.8%下落でしかなかった。株高のときはFED高官は断固としたタカ派だ。

 

But the stock markets soon fell apart in Q4’18, the first in history seeing full-speed quantitative-tightening monetary destruction by the Fed!  Various Fed officials including the chairman have waxed more dovish since stocks started sliding.  Fearing a negative wealth effect adversely impacting the US economy, their resolve to hike rates withers.  So there’s a good chance next week’s dot plot will be more dovish than the last one.


しかし株式市場は2018Q4にはすぐに下落した、市場はじめての全速力金融引き締めをFEDがおこなっているのだ!株式が下落し始めてから議長を始め多くのFED高官はハト派に傾いている。逆資産効果が米国経済にマイナス効果を与える恐れから、彼らの金利引き上げ願望はしぼんでいる。というわけで来週のドットプロットはこれまでよりももっとハト派的になる可能性が高い。


 

Late September’s had effectively forecast 5 more Fed rate hikes including at next week’s meeting.  So if this new dot plot shows less than 4 total rate hikes forecast in 2019 and 2020, dollar-futures speculators will likely sell motivating gold-futures speculators to buy aggressively.  Fewer expected rate hikes are very bullish for gold, as proven in past dot plots.  A great example was the 5th hike of this cycle in December 2017.


9月のドットプロットでは来週を含めて今後5回の金利引き上げを予想していた。というわけでもし新たなドットプロットが2019,2020の金利引き上げを4回以下と見るなら、ドル先物投機筋は売りに出るだろうし、これを見たゴールド先物投機筋は積極的に買いとなるだろう。金利引き上げ予想が少ないほどにゴールドにとって強気なものであり、これは過去のドットプロットでもみられたことだ。良い例が今サイクルで5回めとなる2017年12月のできごとだ。

 

A year ago this week the FOMC hiked, but its dot-plot rate-hike forecast was dovish.  Instead of upping it to 4 rate hikes in 2018 as traders expected, Fed officials left it at 3.  So over the next 6 weeks, gold shot up 9.2% to $1358 on heavy gold-futures buying by speculators.  A similar rally after next week’s meeting if the dot plot forecasts fewer rate hikes than the last one would drive gold right back up near $1360 again.


一年前の今週、FOMCは金利引き上げを行った、しかしドットプロット予想はハト派的だった。市場予想は2018年の金利引き上げ4回だったが、FED高官は3回を予想した。その後6週で、ゴールドは9.2%上昇し、$1358となった、投機筋の大きなゴールド先物買いによるものだった。もしドットプロット予想が前回溶離も少ないなら同様のラリーが来週起きるだろう、こうなるとゴールドはまた$1360近くにもどるだろう。

 

That’s on the verge of a major bull-market breakout which would likely unleash massive new investment buying.  And any material gold rally will light a big fire under the gold stocks, rapidly driving them higher.  That would put GDX’s triple breakout in the bag with haste.  Nothing drives big capital inflows into the gold stocks faster than seeing them decisively rally.  They are perfectly set up for major gains in coming months!


こうなると大きなブル相場ブレークアウトが迫り、新たに巨大な投資買いを引き起こすだろう。そしてそれなりのゴールドラリーが起きると金鉱株に火をつけるだろう、急速に押し上げる。これがGDXの三重ブレークアウトを急き立てることになるだろう。確実なラリーほどに金鉱株に資金を呼び込むものはない。今後数ヶ月大きなラリーが起きる仕掛けが完全にできあがっている!

 

A big mean-reversion rebound higher is inevitable and likely imminent.  While traders can play it in GDX, that’s mostly a bet on the largest gold miners with slowing production.  The best gains by far will be won in smaller mid-tier and junior gold miners with superior fundamentals.  A carefully-handpicked portfolio of elite gold and silver miners will generate much-greater wealth creation than ETFs dominated by underperformers.


大きな平均回帰反転上昇は不可避でしかも差し迫っている。トレーダーはGDXでこの相場を享受できるが、それは生産量が鈍化する大手金鉱株に依存している。それよりも遥かに大きな上昇はファンダメンタルズに優れた中規模小規模金鉱株に起きるものだ。注意深く手作業で選んだ金鉱株ポートフォリオはETFよりももっと大きな資産形成を可能とする。

 

The key to riding any gold-stock bull to multiplying your fortune is staying informed, both about broader markets and individual stocks.  That’s long been our specialty at Zeal.  My decades of experience both intensely studying the markets and actively trading them as a contrarian is priceless and impossible to replicate.  I share my vast experience, knowledge, wisdom, and ongoing research through our popular newsletters.


金鉱株ブル相場にのって自らの資産を何倍にもするために大切なことは常に情報を得ることだ、幅広い市場情報と個別銘柄に関して。これこそZealが長年取り組んできたことだ。私の何十年に及ぶ経験と市場の研究そして積極的なトレードを見ればわかるがコントラリアンとしての立場は他に比類なきものだ。私はこの比類なき経験、知識、知恵そして継続する研究をニュースレターで共有している。

 

Published weekly and monthly, they explain what’s going on in the markets, why, and how to trade them with specific stocks.  They are a great way to stay abreast, easy to read and affordable.  Walking the contrarian walk is very profitable.  As of Q3, we’ve recommended and realized 1045 newsletter stock trades since 2001.  Their average annualized realized gains including all losers is +17.7%!  That’s double the long-term stock-market average.  Subscribe today and take advantage of our 20%-off holidays sale!


週報、月報には、今市場で起きていること、どうしてどのように個別銘柄を取り扱うかが盛り込まれている。これを購読することで読みやすく、市場に遅れることがない。コントラリアンとしての立場はとても儲かるものだ。Q3時点において2001年以来1045の推奨をしてきた。それらの年率平均上昇率は17.7%を超える!これは株式市場の長期平均の倍にもなる。今日購読すれば20%の割引を受けられる!

 

The bottom line is the gold stocks are nearing a rare triple breakout.  Three major GDX resistance zones have converged just above current levels.  Once the gold stocks surge decisively over, the technically-oriented traders will take notice.  They will likely start chasing the momentum accelerating the gains, with buying begetting buying.  And gold stocks are so undervalued big gains are totally justified fundamentally.


要約すると、金鉱株の三重ブレークアウトが近い。3つの大きなGDX抵抗線が現在の株価の少し上にある。一旦金鉱株がこのレベルを確実に超えると、テクニカル志向のトレーダーはすぐに気づくことだろう。彼らは上昇を加速するトレンドを追いかけるものだ、買いが買いを呼ぶ。そして金鉱株は現在あまりに過小評価されており、ファンダメンタルズからすると大きな上昇は正当化されるものだ。

 

This bullish outlook should be really bolstered by next week’s FOMC meeting.  Worried about the recent stock-market selloff and surging volatility, top Fed officials are likely to dial back their rate-hike forecasts for next year.  That will almost certainly hit the US dollar and goose gold.  If gold surges again on a dovish dot plot like it has after other rate hikes in this cycle, the gold stocks will blast higher achieving that triple breakout.


強気な見立ては来週のFOMCで本当に裏付けられるだろう。最近の株式下落懸念とボラティリティ増加で、FED高官は来年の金利引き上げ予想を巻き戻すだろう。こうなると米ドルとゴールドに大きく影響するだろう。これまでとは異なるハト派ドットプロットでゴールドが再び急騰するなら、金鉱株はこの三重ブレークあるとで爆発的な上昇となるだろう。


 

Adam Hamilton, CPA     December 14, 2018     Subscribe