Stock Selling Unleashed!

Adam Hamilton     February 9, 2018     3252 Words

 

The unnaturally-tranquil stock markets suddenly plunged over this past week.  Volatility skyrocketed out of the blue and shattered years of artificial calm conjured by extreme central-bank distortions.  This was a huge shock to the legions of hyper-complacent traders, who are realizing stocks don’t rally forever.  With stock selling unleashed again, herd psychology will start shifting back to bearish which will fuel lots more selling.


不自然に落ち着いた株式市場は先週急落した。ボラティリティは晴天の霹靂となり中央銀行により長年極端に歪められ人工的に作り上げられた相場が終わった。 これは極端な安心感に浸っていたトレーダーにとてはショックであり、株式が永遠に上昇することなど無いということを思い知ら荒れた。株式下落が再びおきたことで、群集心理や弱気に傾き始め、これがさらなる売りを引き起こすだろう。

 

As a contrarian student of the markets, I watched stocks’ recent mania-blowoff surge in stunned disbelief.  On fundamental, technical, and sentimental fronts, the stock markets were as or more extreme than their last major bull-market toppings in March 2000 and October 2007!  I outlined all this in an essay on these hyper-risky stock markets on 2017’s final trading day.  The ominous writing was on the wall for all willing to see.


市場から学ぶコントラリアンとして、最近の熱狂的な急騰を呆然として見てきた。ファンダメンタルズ、テクニカルそしてセンチメントからして、これまでの大きなブル相場の天井よりも極端なものだった、2000年3月や2007年10月だ!私はこれらの状況を2017年の最終営業日に記事にした、タイトルは「株式市場は超リスキー」。この不吉な将来は、見ることを望む人にとっては明白なものだった。

 

January’s extreme surge in the US stock markets made this selloff case even more likely.  Mid-month in another essay I warned, “The stock markets are now dangerously overbought, implying a major selloff is probable and imminent. … Such extremes are very unusual and never sustainable for long, signaling major selloffs looming.”  So the fact these crazy stock markets finally rolled over wasn’t a surprise at all.


1月の米国株式の極端な急騰はこの下落をもっと確実にした。1月半ばの別の記事で私はこう警告した、「株式市場は危険なほどに買われすぎている、大きな下落が差し迫っている。・・・このような極端な状況はそうあるものではなく、決して長期的に持続できない、大きな下落が差し迫るシグナルだ。」こうして実際この狂乱株式市場は等々転落を迎えたわけで、驚くことではない。

 

But I was awestruck at the sheer violence of what happened last Friday and the subsequent Monday, it was very odd.  Even though the countless market extremes argued strongly for a major selloff, they tend to be much more gradual initially off bull-market peaks.  So it was fascinating to watch all this unfold in real-time with my data feeds and CNBC.  Students of the markets live for anomalous exceedingly-rare events!


しかし、先週金曜そして翌月曜に起きた乱暴な出来事は私にとっても恐ろしいものだった、常軌を逸している。大きな下落で市場を極端に揺り動かすことは数限りなくあるが、ブル相場の天井からの最初の下落はもっと穏やかなものだ。私は、値動きを目の当たりにして同時にCNBCを見て、釘付けになった。市場の敬虔な学生である私にとってもここまで極端な出来事を目の当たりするのはそうあることではない!

 

The igniting catalysts were multilayered.  The US flagship S&P 500 broad-market stock index (SPX) had blasted to a dazzling new all-time record high on Friday January 26th.  It was stretched a mind-boggling 14.0% over its key 200-day moving average, which itself was high and steeply rising!  The 8.9-year-old stock bull that had powered 324.6% higher felt unstoppable.  Traders were universally convinced it would continue.


そのキッカケは複合的なものだった。米国主要指標であるS&P500は1月26日金曜日に新高値を迎えた。この株高は200日移動平均をなんと14.0%も上回る極端なものだった、実際高値でなおかつ上昇を続けていた!ブル相場は8.9年も続いており324.6%も上昇しとどまるところを知らなかった。トレーダはだれもこれが続くと広く信じていた。

 

But just a couple trading days later on Tuesday January 30th, significant selling emerged.  That morning Amazon, Berkshire Hathaway, and JP Morgan declared they were going to form a healthcare company.  That unanticipated news way out of left field crushed the major healthcare stocks, hammering the SPX 1.1% lower.  That was actually a significant down day by recent standards, the worst seen since mid-August.


しかしそのわずか2日後の1月30日に、大きな売りが生じた。この日の朝、アマゾン、バークシャーハサウエイ、そしてJPモルガンが新たな医療企業を立ち上げると宣言した。この予期しないニュースが大手医療株を暴落させた、これがSPXを1.1%下落させた。最近の基準ではこの下落は実際大きなものだった、8月半ば以来最悪のものだ。

 

With euphoric bullish psychology dented, Jobs Friday arrived a few trading days later on February 2nd.  That official monthly US jobs report saw a modest headline beat, but the big news came on the wages front.  Average hourly earnings beat expectations by climbing 2.9% year-over-year, the hottest read on wage inflation since June 2009.  That triggered inflation fears with the 10-year Treasury yield already at 2.78%.


euphoricに満ちた強気心理がつまずいたことろに、数日後の2月2日に雇用統計が開示された。月次米国雇用報告は予想をすこし上回るものだった、しかし給与に関して大きなニュースとなった。平均時給が予想をYoY2.9%も上回った、2009年6月以来の大きな給与インフレデータだった。10年債がすでに2.78%になるなかで、これがインフレ恐怖を引き起こした。

 

Higher prevailing interest rates are a huge problem for bubble-valued stock markets.  The SPX had just left January with its 500 elite component stocks sporting a simple-average trailing-twelve-month price-to-earnings ratio way up at 31.8x!  Historical fair value is 14x, twice that at 28x is formal bubble territory.  In a higher-rate environment, extreme valuations are far harder to tolerate.  So the stock markets sold off.


金利上昇というのはバブルバリュエーションの株式市場にとってはとても問題だ。1月時点でSPXのTTM PERはすでに31.8xになっていた!歴史的なフェアーバリューは14xであり、この倍の28xでババル域とみなされる。高金利環境では、極端なバリュエーションを持続することはできない。そのため株式市場は売られた。

 

A week ago Friday the SPX slid all day long to close at a major 2.1% loss.  That proved its biggest down day since way back in September 2016, before Trump won the election and the resulting extreme stock rally first on Trumphoria and later on taxphoria.  Something was changing, the unnaturally-low volatility regime was crumbling.  That left speculators and investors alike very nervous heading into last weekend.


先週金曜にSPXは終日下落し終値でなんと2.1%下落となった。 2016年9月以来の大きな下落日となった、トランプ勝利前のことだ、その後の極端な株高は当初Trumphoriaでその後はtaxphoriaに支えられた。何かが変わったのだ、不自然に低いボラティリティ環境が萎んでしまった。これが投機筋投資家ともに先週末に向けてとてもナーバスになっていた。

 

It had been an all-time-record 405 trading days since the SPX’s last 5% pullback, unbelievably extreme.  So that selloff really struck a nerve, I started to hear from casual acquaintances I hadn’t spoken to for years.  At a friend’s Super Bowl party Sunday night, once the guests I didn’t know found out what I do for a living I felt like a celebrity.  We spent the first quarter talking about the markets, people were really concerned.


SPXが最後に5%の下落を見てから過去最長の405日を経過している、信じられないほどの極端な出来事だ。そのためこの下落は実際脳天を打たれたのようなものだ、私自身もう何年も話したことのないご近所から話を聞き始めた。土曜のよる友人がスーパーボールパーティを開いたのだ、そこに出席していた人が私の仕事を知り、まるで私はスターのような気分になった。皆が本当に市場のことを懸念していたので私たちはfirst quarterを市場の話でもちきりとなりゲームを見ることができなかった。

 

Monday the 5th was extraordinary, a record day in some respects.  SPX futures were down less than 1% in pre-market trading, nothing wild.  But once the US stock markets opened, the selling started gradually snowballing.  It greatly intensified around 3pm, with the SPX plunging from -2.3% to -4.5% on the day in literally 11 minutes!  There was no news at all, it simply looked and felt like cascading stop-loss selling.


5日月曜はさらに極端だった、ある意味記録的な日だった。SPX先物は開場まえに1%下落しただけで、大したことはなかった。しかし米国市場が開くと、売りが徐々に雪だるまのように増えた。3PM頃に売りが強まり、SPXは−2.3%から−4.5%へとわずか11分で下落した!特段何もニュースはなかった、単にストップロスの連鎖が起きたようだった。

 

All prudent traders put trailing stop-loss orders on their stock positions.  They are an essential measure to manage risk.  Once a stock falls a preset percentage from its best level achieved during a trade, that position is automatically sold.  In big stock-market selloffs, as stop losses are sequentially hit they feed into the ongoing selling.  The more stocks fall, the more stops triggered, the more sell orders fuel the maelstrom.


規律あるトレーダーは常に自らのポジションにストップロスを設定する。それがリスク管理の基本だ。いったん株価が高値からある割合後退すると自動的に売りとなる。大きな下落では、ストップロスが連鎖し売りがつづく。下落がおおきいほどにストップロスを引き起こし、更に売りに火をつける

 

The SPX bounced a bit, but still plunged a whopping 4.1% on close Monday!  That was a serious down day by any standard, actually the worst since way back in mid-August 2011 which followed Standard & Poor’s downgrading US sovereign debt.  Everyone takes notice when stock markets suffer their biggest daily drop in 6.5 years.  That really changes collective psychology, shattering the euphoria rampant in January.


SPXがちょっと反転した、しかし更に下落し月曜終値で4.1%下落となった!どうみてもこれは深刻な下落だった、実際、2011年8月中が以来の最悪の出来事だった、当時S&Pが米国債を格下げしたのだ。株式が下落することもあるということに誰もが気づいた、6.5年ぶりのことだ。これが実際投資心理を大きく変えた、1月までのeuphoria熱狂を終わらせた。

 

But amazingly that SPX plunge wasn’t the most-interesting thing Monday.  The implied volatility on SPX options is tracked in the famous VIX fear gauge.  It skyrocketed a stupendous 125.8% higher that day, its largest daily spike ever witnessed!  That wreaked colossal havoc in the short-volatility market.  Since Trump’s election win, more traders and capital have flocked to bet on the idea that volatility will keep falling.


しかし、面白いことにSPXの下落は月曜のもっとも大きな出来事ではなかった。SPXオプションのボラティリティは著名なVIX恐怖指数で追跡される。これがロケット上昇してなんとこの日125.8%も上昇した、これまでに起きたことのない、一日の上昇だった!これがボラティリティショート市場を大混乱に陥れた。トランプ勝利後、多くのトレーダーや資金はボラティリティは下落する方の賭けに群がった。

 

Students of market history knew that was an absurd bet before Monday’s spike.  Stock-market volatility has always been cyclical, just like stock prices.  Exceptionally-low or -high volatility levels always mean revert back to normal.  So betting that the record-low stock volatility in recent months would keep going even lower was a foolish, suicidal bet even before Monday.  That epic VIX spike totally gutted these guys.


市場の歴史を学ぶ生徒としてよく知っているが、月曜の急騰前にそういう賭けをするのは馬鹿げている。株式市場のボラティリティは常に周期的なものだ、それは株式と同じだ。 ボラティリティの極端な安値や高値は正常状態へと平均回帰する。というわけでここ数ヶ月のボラティリティの記録的安値がさらに下がる方に賭けるのは馬鹿げている、月曜を前にして自殺的な賭けだ。この記録的なVIX急騰がそういう人たちを完全に打ちのめした。

 

There are, or were, extraordinarily-risky inverse-VIX exchange-traded notes.  These were designed to rally when volatility fell, some even with leverage which traders liked to further amplify with their own margin.  One of the leading inverse-VIX ETNs was XIV, which is VIX spelled backwards.  It had closed at $129.35 per share on Thursday February 1st, but by this Tuesday it had imploded 94.3% in a termination event!


インバースVIX とは極端にリスキーなETFだ。このETFはボラティリティが下落した時に上昇するようになっている、このETFに証拠金でさらにレバレッジを好むトレーダーも居る。著名なインバースVIX ETNなのがXIVだ、VIXの綴を逆にしている。このETFは2月1日木曜の終値は$129.35だった、しかしこの火曜には94.3%も下落した、ご臨終となったのだ!

 

All these inverse-VIX ETNs were shorting VIX futures, so they had to become massive buyers on that sharp SPX selloff to close out those devastated positions.  On Monday the banks sponsoring these crazy ETNs had to buy an extreme record 282k VIX futures contracts!  That catapulted the VIX itself to 50.3 on Tuesday morning, about as high as it ever gets outside of actual crashes and panics.  What a wild ride!


このようなインバースVIX ETNはどれもVIX先物をショートしている、そのためSPXが急落したときには巨額のポジションを閉じるためには多量の買い手を必要とする。月曜には、これらの常軌を逸したETNを支える銀行はVIX先物を記録的な量なんと282K枚も買わざるを得なかった!これがVIX自信を通う朝には50.3まで押し上げた、本当の暴落や混乱以外でここまで高くなったことはない。なんと荒い動きなことか!

 

That begs the question what happens next?  This stock-market-selling and volatility shock happened at a time when stock markets were already very precarious.  Such an extreme event has to start altering herd psychology.  This first chart looks at the SPX superimposed over the VIX during the last few years, both on a closing basis.  Once serious selling starts out of toppy stock markets, it usually portends much more coming.


となると問題は次にどうなるかだ。この株式市場下落とボラティリティショックが起きたのは、すでに株式市場に注意を払うべき時だ。このような極端な出来事は群集心理を買え始める。下のチャートはSPXとVIXを重ねて示している、どちらも終値だ。市場の天井で深刻な下落が一旦始まると、普通はさらなる大きな動きを引き起こす。