2016年9月26日 追記
2016年6月末の最新データが開示されました。
http://www.boj.or.jp/statistics/sj/sjexp.pdf
前四半期に比べ政府債務が30兆円ほど増えています。またほぼ同額日銀保有国債が増えています。日本国債を国内で買い支えるという視点で数字を見ると、家計総資産は1,746兆円ありますが、そのうち258兆円は証券です、多少の個人向け国債も含まれているでしょうが大半は株式です。また家計には住宅ローン等で383兆円の負債があります。

国債買取余力の視点で数値を整理すると
1746兆円(家計資産)ー258兆円(証券)ー383兆円(負債)=1105兆円(公債買取余力)

一方で公債残高は
1277兆円(国債+地方債)

というわけで日本中の家計資産を総動員しても公債を買い支えることができません。それを補っているのが日銀保有証券415兆円です。6月末で国債を376兆円保有しています。

日銀の量的緩和の第一の目的はこの公債売れ残り防止にあると私は見ています。ただそんなこと日銀総裁は口が裂けても言わないでしょうが。
sjexp



2016年6月20日 追記
最近、最新データが開示されました。前四半期に比べ政府債務が30兆円ほど増えています。ほぼ同額日銀保有国債が増えています。マスコミではヘリコプターマネーが話題になっていますが、日本の財政はすでにヘリコプターマネー状態です。日本銀行の買取がなければ国債は国内消化できなくなっています。

国債買取余力の視点で数字を見ると

1706(家計総資産)ー272(株式)ー390(住宅ローン)=1044兆円(公債買取余力)
1245兆円(公債残高、国債+地方債)

日本中の家計預貯金を全て投入してもすでに公債を賄えなくなっています。
これを補っているのが
日銀保有国債 381兆円です。

これってヘリコプターマネーの構図そのままです。
35



以下:2016年4月18日記載
Keeさんから以下の様なコメントをいただきました。

いつも翻訳ありがとうございます。

少しテクニカルな質問なのですが、

本文中に
「あと6ヶ月もすると日銀の弾が尽きたことに市場が気づく:結果として円が劇的に高騰しNikkei は急落する」
とありますが、日銀の国債購入の先細りを市場が意識した場合、なぜ劇的な円高になるのでしょうか?

日銀の国債購入の撤退→国債買い手不足→国債価格暴落→金利の上昇→資金流入&円高

といった流れになるのでしょうか?

私が考えるのは以下の様なものです。

この記事の著者の論調からするとKeeさんの言われるとうりだと思います。金融緩和政策の手段が出尽くしたとなると意図的な低金利誘導ができなくなり、為替が金利差にしたがって動くと。
しかし私自身はその先が有ると思っています。

黒田さんもYellenもみなおバカさんではありません。それなりの学歴と現在のポジションまで登り上がる知恵を身につけた人です。
黒田総裁も「金利を下げるために異次元金融緩和を行う、その目的は円安だ」なんて決して言わないでしょう。「デフレマインド払拭のための異次元金融緩和を断固実施する。」ですよね。でもやることはどちらにしろ同じです。

私自身は異次元緩和に関して決して彼らが口にしない本当の目的は財政維持先延ばしだと思っています。
1.日銀の資金循環報告を見てください。最新版がここにあります、URLはいつも同じです、
https://www.boj.or.jp/statistics/sj/sjexp.pdf

資金循環2015年12月末

日本国債(さらに地方債)は個人金融資産1741兆円で支えられていますが、金融資産の内290兆円ほどは株式で す、また住宅ローン等の負債が380兆円ほどあります。そのため個人金融資産の全てで国債を支えるとしても1741−290−380=1071兆円ほどし かないのです。一方政府債務は中央政府1000兆円と地方債務200兆円合わせて1212兆円あり、国内資金でこれを買い支えることができません。足りない部分を日本銀行が349兆円ほど買い支えている のです。10年ほど前に三菱銀行が日本国債の需給に対する懸念をしめす論文を書いたことがあります、
http://www.bk.mufg.jp/report/ecorevi2010/review100428.pdf
いまでもネットで開示されています「日本国債の国内消化構造はいつまで維持できるか」、彼らは日銀が買い 支えることなど想像もつかないことなので、将来需給関係が厳しくなると結論づけています。著者は銀行員なので、自由市場を信じて記事を書いています。先進国ではたいてい財政法で中央銀行の自国債買い支えを禁じています。ワ イマール共和国で皆学んだのです。日本にもこの財政法がありますが巧妙な言い訳で日銀は異次元、まさに異次元の国債買取を行っています。 三菱銀行の優秀な行員もこれは想像できなかったでしょう、だからこそ異次元、想定外なわけです。酒の上の与太話ならさておき、まさか日本銀行総裁が公式会見でピーターパンを例えにだすとはそりゃ想像もつかなかったでしょう。

2.金利というのは経済の健全性を示す良い指標です。歴史的、文化的にみても長期金利というのは3−4%が妥当でしょう。金利がこれくらいだとシェールオイルバ ブルも自社株買いによる株価浮揚も起こるはずがありません。ただし今の日本で金利が3−4%になると国債の利払いだけで年間30−40兆円になってしまい ます。日本政府の税収が年間50兆円程度なので、これはちょっと持続不可能ですよね。黒田総裁の作成は破局を先延ばしにするのでその間に財政再建をやってねとい う、ちょっと無理筋ではありますが、ことだと思います。日銀の弾が尽きて金利が上がり始めると最初は為替が円高になるでしょうが、その後の財政持続可能性に市場参加者が気づいたとき円が好まれるでしょうか?私はこれは疑問だと思います。

最後に、財政破綻というとこの世の終わりのような語感がありますが、日本国も日本人も滅びるわけではありません、富士山が噴火するわけでも阿蘇山が大爆発するわけでもないのです、さだまさし風に言うと「海は死にますか 山は死にますか 風はどうですか 空もそうですか おしえてください」ですね。多 少の困難な時代を経るかもしれませんが為替がうまく調節してくれるでしょう、自由市場というのはそういうものです。アイスランドも韓国もロシアもイスラエ ルもそしてワイマール国も財政破綻を経験しましたがその後為替が調整して成長軌道に乗るのです。財政破綻で民族滅亡になった例を私は知りません。1ドル200円位になれば日本の農業製品だって海外が喜 んで買ってくれます。
































にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村