No markets or relationships between markets move in one direction forever!  American stock investors are being shocked into remembering this core reality this week.  Everything is forever cyclical.  The longer any market is stuck in any particular trend, the bigger and longer its proportional mean reversion will last.  Gold and especially gold stocks are likely to experience years of plenty after suffering years of lean demand.


どんな相場や資産クラス間相関も永久に一方向ということはない!米国株式投資家はこの重要な現実に今週目覚めた。すべての市場は永遠のサイクルなのだ。どの市場もあるトレンドが長引くほどに、反対方向への平均回帰は大きく長くなるものだ。特にゴールドと金鉱株のこの関係はもう何年も続いている、長年需要が少ないのだ。

 

Third, all this GGR analysis so far makes the unlikely assumption that gold prices don’t rally too.  But gold is likely to enjoy a powerful bull in the coming years as stock investors re-diversify small fractions of their stock-dominated portfolios into counter-moving gold.  As gold prices are bid higher, the upside in gold stocks will leverage and amplify gold’s gains.  The higher GLD is bid, the higher GDX’s mean reversion will go.


三番目に、このGGR分析の示唆するところは、ゴールド価格のラリーが起きないという仮定で成り立っているのではない。そうではなく今後数年ゴールドに力強いラリーが期待されることを示唆している、株式投資家がほんの少しの資金を反株式反応をするゴールドに分散するだけでだ。ゴールド価格がほんの少し上昇するだけで、金鉱株の上昇はゴールド自身の上昇をレバレッジするだろう。GLDが上昇するほどに、GDXの平均回帰はより進むだろう。

 

As an example, assume the most-conservative mean reversion of the GGR back to that 4-year post-panic average of 0.381x.  At today’s gold levels, that implies GDX has to more than double from here with a 131% gain.  But if GLD is bid 10%, 20%, or 30% higher, the necessary GDX upside to regain that normal gold-stock pricing relative to gold climbs to 154%, 177%, or 200%.  And that’s actually quite conservative too.


たとえば、GGRの平均回帰をもっとも控えめにみて、株式混乱後の4年間の平均0.381xとしよう。現在のゴールドレベルでは、GDXは131%上昇して株価は倍になる。でももしGLDが10%、20%そして30%上昇すると、GDXの上昇は通常の対ゴールド金鉱株関係からすると、154%、177%そして200%上昇となる。そしてそしてこの見積もりでさえとても控えめなものだ。

 

After anomalous price extremes, mean reversions don’t simply stop at the averages but tend to overshoot proportionally in the opposite direction.  So gold stocks are due for a period where they outperform gold so greatly that the GGR soars to the high side instead of mere normal levels!  That portends far-larger gold-stock gains than anything discussed.  Run the numbers with a GGR mean-reversion overshoot and be amazed!


相場が極端なアノマリとなった後には、平均回帰は単に平均値でピタリと止まること無く、反対側に大きくオーバーシュートする傾向にある。そのため金鉱株はゴールドをしのぎGGRも急増する満を持している、単なる平均回帰ではなく高値への急騰だ!こうなると金鉱株の上昇はこれまでの議論を遥かにしのぐものとなる。GGRの平均回帰オーバーシュートを考慮するとすごいことになる!

 

This last chart zooms in to the past few years or so, essentially the current gold and gold-stock bulls.  The GGR was recently driven to a 2.6-year low by the forced capitulation in gold stocks in August and the echo capitulation in early September.  So even in the context of recent years alone, the gold stocks are way too low relative to prevailing gold prices.  The GGR is due for a sharp surge back above that meager mean.


このチャートは先程数年のスパンを示したものを拡大している、最近のゴールドと金鉱株の関係に注目したものだ。GGRは最近2.6年ぶりの低位になった、8月の降伏的下落のためだ、そして9月にも繰り返した。そのためここ数年の動きに着目するだけでも、金鉱株は対ゴールドで極端に安い。GGRは単なる平均回帰ではなく急騰の満を持している。

 

 

At worst in mid-September, the GGR plunged to 0.155x.  That was a breakdown from its downtrend of recent years, and 0.032x under its past-few-years average of 0.187x.  A full proportional mean-reversion overshoot out of this latest anomaly would drive the GGR back to 0.219x.  Just to normalize relative to gold in even that little way would require another 33% rally from this Wednesday’s close to $24.73 in GDX!


9月半ばの最悪期で、GGRは0.155xまで下落した。これはここ数年の下落のブレークダウンだった、そしてここ数年の平均0.187xからさらに0.032x低い。最近のあのまりからの平均回帰オーバーシュートを考慮すると、GGRは0.219xに戻って良い。対ゴールドで正常化するというだけでもこの水曜のGDX終値$24.73から33%上昇となる!

 

With gold stocks so wildly undervalued relative to the metal which drives their profits, their upside is huge no matter how you slice it.  The gold miners are truly the last cheap sector in these entire lofty, euphoric stock markets!  And since their earnings are totally dependent on gold prices which tend to rally on big investment buying when stock markets weaken, gold stocks have the unique ability to climb during stock bears.


金鉱株は対ゴールドで極端に過小評価されているために、ほんの少しの効果を考えるだけでも上昇は巨大なものだ。金鉱株は本当に最後の割安セクターだ、このそびえ立つほどでeuphoriaに満ちた一般株式市場の中では!そして金鉱会社の利益はゴールド価格に依存するわけで、株式市場の弱体化に従い大きな投資需要買いが待ち構えている、金鉱株は一般株式市場がベア相場を迎える中で上昇する得意な性質を持っている。

 

We got a small preview of that this week, when GDX rallied 1.3% on Wednesday despite that sharp 3.3% SPX plunge.  Given the bubble general-stock-market valuations and the Fed’s unprecedented now-full-steam quantitative-tightening campaign to destroy QE money, every investor needs to make portfolio allocations to gold and the stocks of its miners.  They tend to power enormously higher when little else will.


我々は今週この動きをすこし垣間見た、水曜にSPXが3.3%下落したのにGDXは1.3%上昇したのだ。一般株式はバブル域にある中で、FEDは全力でQTを展開し始めた、QEマネーを吸収するものだ、どの投資家も自らのポートフォリオにゴールドと金鉱株を組み込む時だ。他のセクターではありえないほどに大きな力で上昇するものだ。

 

And even if the stock markets again evade the hangman’s noose and somehow continue grinding higher still, gold investment demand could still climb.  Once stock investors are spooked, they usually add gold for a long time after to get some semblance of portfolio diversification.  So gold and gold stocks still soared from 2009 to 2011 and in the first half of 2016 even as the SPX recovered from a panic and corrections.


そしてたとえ株式市場が絞首刑の首輪を逃れ多少の上昇があったとしても、ゴールド投資需要は増えるだろう。一旦株式投資家が驚いてしまうと、彼らは長らく忘れていたポートフォリオ分散を思い出しゴールドを加えるものだ。こうしてゴールドと金鉱株は2009年から2011年にかけて急騰した、そして2016年前半にはSPXが調整混乱から回復した後にもだ

 

Wall Street has long hated gold because it thrives when stock markets weaken.  So it’s essential for all speculators and investors to cultivate excellent contrarian intelligence sources.  That’s been our specialty at Zeal for decades now, we’ve long published acclaimed weekly and monthly newsletters.  They offer a unique and essential contrarian perspective to help offset and neutralize the endless stock-market cheerleading.


Wall Streetは長らくゴールドを嫌ってきた、というのもゴールドは株式市場の弱さで成長するものだからだ。すべての投機筋投資家にとって基本的に大切なことは優れたコントラリアン視点の情報を常に持つことだ。これこそZealが長年特化してきたもので、私どもは長年週報・月報を発行してきた。そこにはユニークで本質的なコントラリアン視点が満載されており、限りない株式市場への応援歌を差し引くものだ。

 

They draw on my vast experience, knowledge, wisdom, and ongoing research to explain what’s going on in the markets, why, and how to trade them with specific stocks.  Fighting the crowd to buy low and sell high has proven quite successful, with average realized gains more than double long-term stock-market performance.  As of Q3, the 1045 stock trades closed in our newsletters since 2001 have averaged excellent annualized realized gains of +17.7%!  Subscribe today and start thriving for just $12 per issue!


そこには私の比類なき経験、知識、知恵そして常に継続する市場の解説が盛り込まれている、特定銘柄を如何に扱うかに関してだ。群衆に反して安値で買い後に売却することで大きな利益を出してきた。Q3終了時点で2001年以来1045の推奨をしてきた、その年率平均上昇は17.7%を超える!今日購読するとわずか一部辺り$12で成長することができる。

 

The bottom line is the gold miners’ stocks are the last cheap sector in these entire lofty stock markets.  They’ve languished deeply out of favor for years as investors forgot the wisdom of prudently diversifying their stock-heavy portfolios with gold.  But once stock markets weaken enough to spook them, traders start returning to gold and gold stocks.  This classical behavior started to play out again with this week’s selloff.


要約すると、金鉱株はそびえ立つ一般株式市場のなかで最後に取り残された割安セクターだ。金鉱株は長年嫌われ放置されてきた、投資家が株式市場のポートフォリオを規律をもってゴールドに分散することを怠ってきたからだ。しかし一旦株式市場が弱みを見せそれに驚くだけで十分だ、トレーダーはゴールドや金鉱株に戻り始めている。

 

As capital flows back into this forsaken sector, the gold-stock upside is truly extreme.  These gold miners’ stock prices are wildly undervalued relative to the metal which drives their profits.  So they are overdue for a massive mean reversion and eventually overshoot.  When this dynamic of gold stocks returning to favor after a long exile has played out in the past, contrarians who bought in early and low really multiplied their wealth.


資金がこの忘れ去られたセクターに戻るに連れ、金鉱株の上昇は本当にすごいことになる。これらの金鉱株価は対ゴールドで極端に過小評価されている、利益の源泉であるにもかかわらず。というわけで巨大な平均回帰とその後のオーバーシュートがすでに満を持している。長らく放浪してきた金鉱株が好まれるというこの力学がこれまで起きた時、早期に安値で買ったコントラリアンは自らの資産を実際何倍にもしてきた。

 

Adam Hamilton, CPA     October 12, 2018     Subscribe